CA−TYPE(Cure−All〜万能薬〜)について

     
金銀糸(ラメ糸)本来の剛直性による硬さ、マイクロスリッターの切断面、着色時のホルマリンの影響により和装の
場合、袋帯等の締め具合がぴしっとしない。又、洋装の場合等もチカチカしたりヒリヒリしたりと肌が傷つく、かゆいなど
の感覚や、汗ばむ季節にはカブレたり赤く炎症を起こしたりする場合があるかもしれません。綺麗ではあるけれど着心
地自体あまり気持ちの良いものではないので、直接肌に触れるインナーなどには特に”ラメ入り”を選ばないと言う人も
いるでしょう。

      しかし、このような症状を全て解消する金銀糸CA−タイプ(Cure All〜万能薬〜)を開発致しました。
柔軟性、平滑性、低ホルマリン、耐酸化物、耐硫化物、そして一般品の耐光性、摩擦堅牢度等々、全て改善されます。
そしてマイナスイオンの効果もプラスされるうれしい特徴があります。


優れた効果

柔軟性・平滑性 - 刺繍、織、編、等がスムーズになり、生産性が向上し、ラメ特有の刺激感がかなり無くなります。
      ラメの肌ざわりが大変良くなりました。
ホルマリン - 通常70ppm前後の数値が0.03ppm〜0.5ppm、150ppm〜300ppmが30ppm〜40ppmになります。
硫化物・酸化物 - 対硫化・対酸化において大変効果があります。
日光堅牢度・摩擦堅牢度 - TOP着色品において堅牢度が1級程度よくなります。(日本染色検査協会調べ)
マイナスイオン - 下記の通り。
 
試験結果
試料
刺繍糸 金糸 CA-TYPE/従来品
刺繍糸 銀糸 CA-TYPE/従来品

測定機器
フィーサ叶サ エアーイオンカウンター FIC−2000

測定方法
試料4点のマイナスイオン発生量を確認するため、水道水100mlに試料100cu
相当分を約60分間浸漬し、空中噴霧により測定した。又、対照を水道水とし、
同様に空中噴霧によりマイナスイオンを測定した。2003年2月調べ


注) 測定時の室内マイナスイオン数平均43個/cc

金銀糸業界ではミツワ産業鰍セけが生産いたします。中国販売:上海日申金銀線有限公司
世界9ヵ国(日本、米国、韓国、台湾、欧州5ヵ国)で特許が取得されています。
 
     
rishen2007@yahoo.cn  Tel:0086-21-54405391